■指導方針
①医学的・栄養学的サポートで故障しにくい体づくりを目指す。
②野球技術の基本を指導する。
野球の「王道」を貫く。
③勉学と野球との両立を目指す。野球のみに偏った指導は目指さない。
④挨拶や礼儀(スタッフ・保護者・地域住民等)、整理整頓等を徹底指導する。
⑤チームワークを重視し、思いやりと協力の気持ちを醸成する。

 

本クラブは、できるだけ故障させずに高校野球へ導くことが目的であり、「勝利」のみを目的化しない。勝利は「目的」ではなく「目標」であり、「勝敗」とういものは、選手たちが一生懸命に取り組んだ「結果」である。誤解しないでほしいが、勝たなくてよいのではなく、「結果」として「勝利」をつかみ、優勝につながればと考える。

■部員への思い
本クラブとの縁で部員たちが高校・大学・社会人以降も何らかの形で継続的に野球に関わり、心豊かに思い出残る素晴らしく有意義な人生を過ごしてくれることを全スタッフが願い、一丸となりクラブ運営を行う。